FX綜合  syamugame’s blog

FX・海外移住始め様々な資産運用について記していきます。 トレードジャーナル

【NAGA・hitBTC編】仮想通貨島撤退作戦1

暫くの間若気の至りでやってしまった仮想通貨投機の反省録として、いくつか思い出があるのでここに連続して残しておきます。

 

 

(参考:キスカ島撤退作戦)

キスカ島撤退作戦 - Wikipedia

 

 

〜2018年〜

 

仮想通貨投機にとうに機を失い、もはや保持し続ける理由はなくなっていた。ただの1つもなかった。ただその煩雑さから撤退を先延ばしにしていた私がいた

 

しかし我々ADHD族は火がつけば動くのだ。よって此度hitBTCから日本人締め出しによる強制撤収の動機ができ、ほとんどの資金を撤収したのでこのトレードジャーナルブログに記しておくべきだろうと思い、今更だが記しておく。

 

 

hitBTC 撤退

ターゲット:NAGA及びその他

 

NAGA

イナゴタワーが上り始める直前に賈えて2倍くらいにはなったのだが、

 

仮想通貨(笑)に無限の未来(笑)世の中を変える(笑)などと根拠もなくふんわり信じていた(なんて愚かなんだッ)時代に買ったためノー根拠で即ガチホしていた

 

案の定昨今の仮想通貨全体の祭りの後の暴落込みで価値は半額ぐらいに。投機下手初心者時代の自分に逆感謝。

 

 

 

ETH決済したかったが、 

f:id:happy_medium:20180612113333j:plain

 

NAGA-ETHの板が薄すぎて成立しなそうなのでUSDTを経由しからETHに変えた後マイESAウォレットに退避させる手順を踏む。

イーサリアムトークンであるNAGAでもマイイーサに保管できたそうですが、NAGAをここで処理しないともう今後面倒すぎる(新しい取引所で更に後日トレードぉ…??ひええええ!)のでNAGAをそのまま持ち続けるのはありえない選択肢だった。

そもそもNAGAに将来性とかまるで感じないし。

 

魔法陣グルグル

 

てか関係無いが魔法陣グルグル1番の名言は

おやかた「お前料理ができるのか!?」

ククリ「い、一応女の子ですから」←これすごい好きなのだがワイだけ?

読み切りの

ばばあ「キングオブブキヨー!」

ククリ「わーんごめんなさーい!」

より、もっといい!!

 

 

 

各通貨の撤退作戦

 

BTC

1BTC=80万円,でも20円くらいの価値しか無かったので諦めました。

 

USDT(テザー)

 テザーの在庫は50円分くらい。

なんか買えなかったので同じく断念

 

ETH

手数料バカ高いのを知らず最初はイーサに変換してしまった。

更にライトコインに変換するもあまりは百円ほど。余計なトレードで百円もロストしてしまった、手数料にもならぬ。

 

LTC

 で…そのライトコインも日本のメジャーな国内「取引所」で取り扱われていなかった(ガッカリ)

次はビットコインキャッシュへ変換…この過程でなんかライトコインの端数が五百円くらい発生して私はかなりやる気をなくしたが、埋没費用にとらわれるのは愚かである。

 

BCH

 以下で仔細を語るが、結論的に最終的に私が大まかな撤退を完了させたのはビットコインキャッシュでした。

 NAGA撤収作戦(詳細)

以上の通貨の変遷の詳細を、トレードジャーナルにメモとして残しておきます。

 

 

イーサリアムに全額変えていざ撤収、という段で送金手数料が高すぎて泣きたくなった

ビットコインキャッシュならまあまあ、ライトコインが最強だった(以前の印象とは異なる)

なので、イーサリアムライトコインに変換 そのあとで国内の取引所(QUOINEX)に移駐させる。

 

f:id:happy_medium:20180612113318j:plain

…と思ったら、ライトコインを取り扱ってる国内の取引所がマイナーな謎取引所しか無い!!

そこで、改めてライトコインビットコインキャッシュに変換。多少手数料は割高だが致し方あるまい。

 

さてBCHをquoinexへ!!という段階で、なんかquoinexのアドレスをhitbtcが「ビッチのアドレスに見えないよぅ><」と拒否する事態になってしまった

面倒臭すぎるッピ

私は結局bitpayというウォレットのアプリをダウンロードし、ビットコインのアドレスを作成してからduplicateしてビットコインキャッシュのアドレスを作った。

 

 

が…ここまでしてもhitbtcには拒否されてしまった。

あああああ

仮想通貨ってなんだよ(科学) ペイパルでいいじゃん

 

これは私にとって意味不明な壁に思えた

 

が…deposit(入金)の方のアドレスを確認すると、先頭に(bitcoincash:)という表記があるではないか

これは…もしやビットコキャのアドレスにはこれが必要なのでは

そう直感し、試しにquoinexのアドレスにつけてみてやると…なんと

通った…通りました

 

そして訪れる確認メールをクリックして、どうやら無事処理が済んだことがわかる

しかし事件は起きるのだ

 

1日経ってもquonexに着金している様子はなかった。「これはおかしい」…仮想通貨投機熱もすっかり覚め、bchのトランザクションは快適すいすいのはずだが。

そして調べてみたところ、なんとbchはアドレスを変更していたと

 

ひえええ…セルフゴックスをやってしまったかと恐怖に狼狽えたが、hitbtcの残高は以前と変わりなかったのでとりあえず落ち着く

そして再び入力。新アドレスをbitcoincash:込みで。今度は通った!!

無事?残高も0になっていた。安心を覚える私。

すぐにブロックチェーンにも記載が。更に安心をする。

そして…quoinexにビットコキャがたどり着いたのはそれから数時間後でした。

おしまい・・・

 

普通は全部最初に確かめてから取引するよね

自分ADHDやけん…

 

損益

 

今回の投機における損失

 

NAGA:数千円

BTC:20円くらい

ETH・USDT:100円くらい

LTC:500円くらい

 

 

※ただし埋没費用は考慮しません。私はビットコインキャッシュの売却益をそのまま得ることができた。

 

次回

この続きをまた書きます。

残るホールド仮想通貨はBTC・BCH・QASHであり、

取引所はビットフライヤー・quoinex。次の押し目(BTC=90万円くらいを目安とするが上値重いし80万くらいで撤収するかもしれないと考えていた)で全部売り払って撤収することを決意した私だった

 

感想 

読みづらかったら申し訳ありません。